175名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/18(金)22:34:26.85ID:ECo0kqLP0.net
そこで配給される温食。
カレーとか結構メジャーなものだった。

うまい・・・!

疲れもぶっ飛ぶ美味しさ。
山麓で食う飯がここまでとは・・・!
ガツガツと一気に平らげてしまった。

さて。
用意したのはスコップとトイレットペーパー。
仮設トイレはあるっちゃある。
でも結構混むし衛生的にもよろしくなかった。

埋設。地雷と表現される排泄物。
うっかりふんでしまったらもう目も当てられない。
排泄スポットでは最新の注意を払い場所を選定した。




176名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/18(金)22:41:34.41ID:ECo0kqLP0.net
朝。天幕からノソノソと外へ。
カッコー・・・カッコー・・・
よくわからん鳥の鳴き声。
全体的に霧がかかっていてなんか神秘的だった。
涼しくて気持ちもいい。

ペットボトルに組んだ水を使い、持ってきたひげ剃りで顔の手入れ。

鏡持ってくりゃよかったなぁ

剃り残ししまくり。
後半にもなれば髭なんてもうそらなかった。
完全にゲリラ兵の風貌と化していたと思う。




177名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/18(金)22:57:15.10ID:ECo0kqLP0.net
この日は25km行軍の準備。
これを歩き切らないと修了したことにならないと俺は聞いていたのでモチベーションをあげていた。

主に下着類をジップロックにいれ、水没防止し準備完了。

班長方が荷物の点検をする。
不正や誤魔化しは一切きかない。
食べ物の持ち込みもNGだ。
同時に最後の意気込み検査。

「歩き切れるな!?」「はい!」
「同期が倒れそうになってたらどうすんだ!?」「助けます!!」
「できるんだな!?」「はい!」

一人一人回っていく班長方。
もちろんこの行軍は班長方も一緒に実施する。
新隊員が倒れた時や限界の時は二人分の荷物を背負い、行軍せねばならない。




178名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/18(金)23:06:13.48ID:ECo0kqLP0.net
話がまた前後してしまうけど、この日の前に夜間の訓練もあった。

全くの暗闇でのモノの見え方。
物音を立てない歩き方。
打ち上げられる照明弾。

早朝に歩哨訓練。
二人一組になり天幕の周りを巡回。
不審なものがいないかをチェック。

「誰か!」

猶予は三回まで。三回までにこちらの納得する答えが帰ってこない場合は。

刺または射殺する。

俺らはこういう動作、理論を座学で頭に入れ訓練で体に覚えさせている。
殺るか殺られるか。その日の覚悟を持つことは大事だ。




181名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/19(土)01:35:44.88ID:bepdwmU40.net
「誰か!」
「山」
「誰か!」
「か、川?」
「誰か!」
「え!う、うみ?」
ズドーン




184名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/19(土)22:52:06.69ID:0GzO06/l0.net
>>181
そんな感じw

書いてきた訓練をこなす。
訓練の最終日から一日前に25km行軍は実施された。
10km行軍でもだいぶ辛かったのに、それに+15km。
でも、もうなんとかなるだろうっていう自信がついてた。




179名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/18(金)23:12:30.42ID:ECo0kqLP0.net
あと大事な訓練を思い出した。
エンタイ構築。
陸自の代名詞穴掘りだ。
穴を掘り銃座をつくる。
詳しくは言えないけど、銃に対応したそれぞれの穴は全て長さ広さ深さが決まっていて、それに合わせて掘る。

この穴掘り。めちゃくちゃ重労働。
特に腰が痛い。ザックザックと掘り進む。

輸送科はトラック一台を隠すため穴を掘るらしい。人力で。凄まじい・・・




184名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/19(土)22:52:06.69ID:0GzO06/l0.net
>>181
そんな感じw

書いてきた訓練をこなす。
訓練の最終日から一日前に25km行軍は実施された。
10km行軍でもだいぶ辛かったのに、それに+15km。
でも、もうなんとかなるだろうっていう自信がついてた。




185名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/19(土)22:57:46.80ID:0GzO06/l0.net
深夜三時。
目覚ましが鳴り響く。
天幕の中は当然真っ暗。ライトを照らし装備品を確認し、装着。
半長靴の靴紐をしっかり結び、とりあえずの準備完了。
外も当然真っ暗で、目を凝らながら僅かな光を頼りに銃を受領しにいく。
総重量15kg。一体何時間歩くのだろう。

二列の縦隊に並びいざ出発。




186名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/19(土)23:05:42.44ID:0GzO06/l0.net
ただただ歩く。ひたすら歩く。
会話などない。ザッザという音だけがあたりに響く。

俺はこの日すこし体調が悪かった。
歩き始めてそうそう、気持ちの悪さを感じめていた。。

途中の休憩地点で支給された飯を食うのだが、全く喉を通らない。
気休めのウィダーゼリーを流し込みつつ不安を感じていた。

実は出発前、危なくなったら食えと渡されていたものがあった。
それは梅塩を錠剤化したもの三粒。

陸自では梅が兵糧丸の役割を果たしているらしく、事あるごとに梅を食う。
足がつっても梅。倒れても梅。気持ち悪くても梅。
食堂ではクエン酸が常に出されていた。




187名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/07/19(土)23:14:23.21ID:0GzO06/l0.net
早々に二粒を投入。
大事なものをこんなに早く使ってしまった… 不安。
しばらくの休息後また出発。
幸い早朝は涼しいのでその点は助かった。だが気持ち悪さは一向に引かない。

ザ。ザ。ザ。ザ。

フゥーフゥー・・・

時に山の中。時に道路を交互に繰り返す。
会話などないので、徐々に意識が自分の内へ向かっていく。
思い出すのはやっぱりこの三ヶ月間のことばかりだった。
本当に色々あって。でもこの時は楽しい思い出ばかりが次々に浮かんできていた。
苦痛を少しでも紛らわすためだったのかもしれない。少しニヤけていたかも。




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2020/07/06 20:01:00 ID:lifewars