3名無しさん2014/04/24(木)00:43:17ID:TUbXYxCr9
両親は大学の同じ学科の同級生だった
普通より長いし閉鎖的な学科だったせいか、学科内カップルも毎年一定数いて、うちもそれに倣うように付き合いだしたと聞いた
自分が生まれたのは両親が大学の最終学年だった時
卒業ギリギリの、割と迷惑な時期に生まれた




4名無しさん2014/04/24(木)00:46:25ID:TUbXYxCr9
当時、お母さんには大学で知り合った親友がいた
知り合った経緯は部活だかサークルだかと聞いていた
大学で初めて会ったのに波長が合い、ホントに四六時中一緒にいたらしい
そんな人だったからこそ、妊娠が分かった時点で「女の子ならあなたの名前を一字もらいたい」と言っていた




6名無しさん2014/04/24(木)00:51:00ID:TUbXYxCr9
そんな中生まれた自分は、お母さんとその親友から一字ずつもらって名付けられた

ただ、自分自身はその親友に会ったことはなかった
毎年一度、彼女の誕生日にお墓参りに行くのが、唯一"彼女"と会う日だった
命日はずっと知らなかった




7名無しさん2014/04/24(木)00:55:22ID:TUbXYxCr9
流れ流れて高校時代、人生はじめての彼氏ができた
勢いとはいえ、人見知り半端なかった自分が自ら告白した人だった

毎日が本当に幸せで仕方なかった
一緒に見る景色は特別で、一緒にいる時間が幸せだった




8名無しさん2014/04/24(木)00:57:33ID:TUbXYxCr9
本当に毎日が幸せで、離れなくてはいけない夜が辛く切なかった
ただ隣にいてくれるだけで幸せの絶頂にいられた
だから他には何もいらなかった
なのに、ほんの些細な悪戯心でその幸せは終わりを告げた




10名無しさん2014/04/24(木)01:12:57ID:TUbXYxCr9
高校2年の誕生日前、彼に「何かプレゼントが欲しいなぁ」とわがままを言ってみた
本当はただ平穏に過ぎる毎日が幸せだったから、今更何もいらなかった
ただちょっと困らせたいとか、そんなつまらない理由から出た言葉だった

その日二人で街に降りた
いろんなお店を回るのは楽しかった
誕生日プレゼントも決まって帰ろうとした時だった




11名無しさん2014/04/24(木)01:19:04ID:TUbXYxCr9
突然彼に突き飛ばされた
一瞬何が起きたか分からなかった
ただ、振り返った自分の目の前には、あってはいけない場所に車があった

泣き叫んだ
すぐに救急車が呼ばれて病院に搬送されたけど、結局そのまま還らぬ人となった




12名無しさん2014/04/24(木)01:23:50ID:TUbXYxCr9
しばらくは呆然と暮らした
何が起きたのか理解してなかったのかもしれない
ただ日が経つにつれ、自責の念がどんどん強くなっていった
もう生きることを放棄しようと思った
食事は採らなくなり、見る見る痩せていった
両親の心配も耳には届かなかった
そしてある日、思い出の場所から飛び降りた




13名無しさん2014/04/24(木)01:26:55ID:TUbXYxCr9
気付いたら草木のない大地に立っていた
ここはどこだろうかと思っていたら、不意に手を引かれた
見ると小さな女の子がいた
「一緒に向こうに行こうよ」
そんな女の子の言葉に従って私は歩き出した




14名無しさん2014/04/24(木)01:29:02ID:TUbXYxCr9
女の子は知らない歌を歌っていた
何と表現したら良いのかわからない、不思議な歌だった
そしてその歌声は、徐々に増えていった
気づけば周りには見知らぬ子供たちがたくさんいて、彼らがその見知らぬ歌を合唱していた




15名無しさん2014/04/24(木)01:29:27ID:TUbXYxCr9
続きはまた明日で
すみません




19名無しさん2014/04/25(金)00:42:42ID:v59d3r8B5
遅くなりましたが続けます

子供たちに連れられどれだけ歩いたか分からないけど、体感では数時間が経った
不思議と疲れもなくて、途中で休もうとかも考えなかった
それでもどこに行こうとしているのか心配になってきて、何度か尋ねた
でも毎回「いいから行こうよ」と言われ、その都度手を強く握られた




21名無しさん2014/04/25(金)00:46:16ID:v59d3r8B5
若干戸惑いながらも歩き続けていると、不意に後ろから強く腕を引っ張られた
自然と子供と手が離れ、よろめきながら腕を引いた人を見上げた
髪の長い女性だった
立ち上がる間もなく女性は言った
「こんなところで何をしてるの!」




22名無しさん2014/04/25(金)00:49:09ID:v59d3r8B5
私はその女性を知っていた
正確には、知っている人のはずだった
初めて知ったのは確か小学校に上がる前
髪の長い女性が椅子に座り、その横では男性が立って微笑んでいた
顔はもやがかかったような感じで分からなかった
それでも男性がお父さんであることと、女性がお母さんでないことには確信的な物があった




23名無しさん2014/04/25(金)00:51:51ID:v59d3r8B5
よくよく見ると女性のおなかは大きかった
きっと子供がいるに違いなかった
この人はいったい誰なのか?
横の人は本当にお父さんなのか?
そんなことを考えていると目が覚めた
妙な夢だった
それでいて何かやわらかいような温かいようなものも感じていた

それ以降、何度も同じ夢を見た
でもついに二人の顔が分かることはなかった




24名無しさん2014/04/25(金)00:54:19ID:v59d3r8B5
その女性が目に前にいる
いや、その女性のはずだった
異常な状況で知っている人であってほしいと願っただけではなく、彼女が夢の人であるという確信めいたものがあった
「こんなところで何をしてるの!」
今度は両肩をゆすられ、そして我に返った




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2020/03/28 19:01:00 ID:lifewars