831名無しさん@おーぷん19/10/28(月)13:35:54ID:0p.8q.L1
自分の感情が分からないから客観的な意見を聞かせてほしい

還暦くらいの父のこと
私が小学2年生のときに両親が離婚
お酒に弱く記憶がなくなるタイプの父は、外で深酒した深夜帰宅後に母や物相手によく暴れていたらしい
離婚の決定打となった日は帰宅時に上手く自転車が停められなかったことに腹を立て、ショートヘアの母の髪を掴み引き連りまわし鎖骨の骨を折ったそう
当時の私から見た父は、機嫌が悪いと物や人に当たる人、という認識ではいたけど
深酒で暴れる平日は夜寝てて顔を合わせないし、休みの日には近所の友達まで一緒にアクティブな遊び場へ連れて行ってくれる
カッコイイ自慢の父でもあった

滞ることなく決まった養育費も支払われ続け、特段好きでも嫌いでもないけど父と子は会うものだという認識で、離婚後もよく父とは会っていた
だけど成長するにつれ、親子と言えど一緒に暮らしていない分価値観の相違も多く、叱咤されることや
母にした仕打ちの酷さの理解から父のことが憎く疎ましくなった
成人後は祖母に会うためだけに年1程度会いに行き、その時も父とは極力会話をしないようにしていた

そして現在は新幹線の距離に嫁ぎ子どももいる
父とは違うタイプの人、と思って結婚した旦那も蓋を開けてみれば
自分の機嫌を自分で取れない私の記憶の父と酷似したタイプだった

妻という立場で夫を見ると、そのキレやすい性格は育成環境の悪さが垣間見れて同情する面もある
キレやすく子どもにイライラをぶつけたりすることもあるけど、一方子供への愛情が深いのも見ていたら分かる
私の娘はというと「パパってほんとに怒りんぼだね、でも私のこと大好きなの知ってるし私もパパ大好き」と言ってる

そんな旦那と娘を見てると父への罪悪感がすごい
父は母にとっていい夫ではなかったけれど私の父としてはどうだったんだろう
父なりに私を愛してくれてたのがわかるから
娘の結婚式にも呼ばれず、孫にも会えない今の状況を想像すると可哀想でならない

歩み寄りたい気持ちでその先を想像すると、結局面倒臭くて考えるのを止める、のループに陥ってる
そのループからそろそろ今一歩踏み出したいので、客観的に見て自分だったらこうするとか、父の立場から見ると、など何でもいいのでご意見頂けたら嬉しいです
長文初めてで改行おかしかったり、何か不備あったらごめんなさい




833名無しさん@おーぷん19/10/28(月)14:03:51ID:ub.cc.L1
>>831
いいお父さんって、酔って暴れてお母さんの髪掴んで引きずりまわす事なんてしないよ
よく虐待の末殺されちゃう子だって親のことかばうし、
子供が親好きなのは当たり前だから、だから子供にとっていい親だなんて
思わないほうがいいと思う。




834名無しさん@おーぷん19/10/28(月)14:04:35ID:Sl.zt.L6
>>831
ダメンズウォーカーの負の再生産




838名無しさん@おーぷん19/10/28(月)15:16:16ID:Wg.es.L15
>>831
幼少期から刷り込まれてるから、
あなたの娘も二面性のあるDV男を選んで結婚するでしょう




839名無しさん@おーぷん19/10/28(月)15:32:32ID:a1.dn.L1
>>831
酒を飲まなければとかパチンコしなければみたいな
「○○がなければいい人」「根はやさしい人」って言うのは騙しのロジックだからそれで自分を騙しちゃ駄目
たかが酒すら止められない駄目な人、幾ら根っこがよくたって見えてる人間部分が腐ってる駄目な人なんだから




844名無しさん@おーぷん19/10/28(月)16:34:51ID:0p.8q.L1
レスくれた人ありがとう
父との関係性について聞きたいだけだから、娘と旦那についてはスルーするね

>>833
普通に考えて母親に手を出す父なんていい父親なわけないよねw
真っ当なレスすぎて笑ってしまったよありがとう

>>839
父は〇〇しなきゃ〇〇って擁護できるレベルでもないからそれは大丈夫かな…
やっぱり人から見ても駄目な人だよね

今現在の父の「家族が周りにおらず孤独に死を待つ老人」である状態が
してきたことに比べて悲惨な結末なのか、当然の結末なのか、当事者の私には分からない
「昔は家族に手を挙げる最低な父でしたが孫ができたら目尻を下げた優しいおじいちゃんになりました」みたいな書き込みもある中で
私の父は何が違うのだろう?って思ってしまうんだ
優しくしてあげたい気持ちもある一方で、いやこいつが諸悪の根源やんけって気持ちでせめぎ合ってる
どうやって折り合いをつけたらいいんだろう




847名無しさん@おーぷん19/10/28(月)18:54:37ID:eG.k1.L35
>>844
父として尊敬できる部分があり、人間として許せない部分がある。その両方を抱いていて良いのではないかな。
過去の出来事や言動は絶対に消えてなくならないので、酔って暴れた時の父親は超危険人物だった。
今はすっかり離れて暮らしているので、殴られることも暴れて家財を壊させることも無い安全な状況で客観的に思い返すと、良い影響を受けた部分もあった。
反面教師として、また良い思い出を糧に人間的に
成長もした。そういうありのままで受け止めてみてはどうかな。
親孝行したいと思ったら年賀状の1枚でも送って1つの思い出として満足してそれでおしまい。
人間は一人しかいないけど思い出はいくつもあるから、個別評価して、そして総合評価としてやはり「ダメな親父」とする。という風に。

今の憎しみは本物なのに、何かのアクションを起こすことで優しいじいちゃんの一面を見てしまって、総合評価が変わってしまうことが怖いという事はあると思う。
それは決断が必要だと思う。しないで後悔するかもしれない事ややって後悔する事は、その人にしか決断できない。受験や恋愛や手術など人生において選択を迫られる場面の1つとして、立ち向かわなきゃいけない事で、
でも何を選んでも他人には何が正しかったとは言われる筋合いのない事。自分の業として背負う事だと思う。




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2020/01/10 20:01:00 ID:lifewars