652名無しさん@おーぷん2018/09/23(日)23:46:24ID:o0o
新人の頃、東京に転勤になったとき、田舎出身田舎育ちの嫁を連れて行ったら、社宅で東京の奥様方や会社の人から結構馬鹿にされた
嫁のノリや見た目がいかにも田舎者っぽくて、それが東京の人には合わなかった
顔を見かけたら元気な挨拶や、田舎から届く見た目に難ありの野菜のお裾分けも気味悪がられた

俺も漁師の親のもとで育ったせいか東京の環境が合わないと思ったので、転職して田舎に引っ越した
やっぱ田舎は楽しいわ
嫁は早速ご近所と仲良くなって、いろんな山の幸をおすそ分けしてもらえる
俺は趣味の釣りでさばいた魚をおすそ分けしたりしてる
夜に犬連れて散歩するのが日課だが、田んぼのあぜ道を三キロほど歩いていると、四方八方から虫の声
頻繁に飛んでいる蜘蛛の糸に引っかかるし、顔面にデカイ虫が体当たりしてくる
道中にイタチも走り回る
今日も散歩してたら、嫁が空を指差す
「みてみて、あの雲、ゴッドバード(ポケモンの技)みたい!」
「やべぇ、かっけー」
「!? 今、柔らかくて湿っててブニってするものが足に乗った!」
「田んぼにいる、柔らかくて湿っててブニっとするものと言えば」
「スライム!」
「違います」
二人でケラケラ笑いながら散歩
東京だったら煩いと言われるような夜の会話を楽しみながらの散歩も、田舎なら虫の声がかき消すくらい賑やか
転職して引っ越してよかった

これで嫁が田舎がダメな人だったら、この平和な生活もギスギスしてただろうなと思う
そう考えると、価値観が同じ人との結婚生活は本当に貴重だなと思った結婚記念日




653名無しさん@おーぷん2018/09/24(月)00:18:29ID:R0I
>>652
夫婦で肌に合う場所に腰を据えられたとは、幸福なことじゃの。




654名無しさん@おーぷん2018/09/24(月)00:30:20ID:vLc
元気な挨拶を嫌がるのは、都会だからとか田舎だからとか関係ないと思うけどね。
TPOに合わせた「元気な挨拶」だったら嫌われなかったんじゃないかな。
極端な話、マンションのエントランスで戸建のお向かいさんにする大きさの挨拶されたら普通に迷惑だし。
たまにいるよね、声が大きければ元気だと思ってる人。
奥さんはそのタイプなんじゃないかな?と思った。
(偶々、社宅の奥様方が皆さん排他的な人達だった可能性もあるけど)

それに、形がおかしい野菜を配るのは親しい間柄でしかしないものじゃない?
元気な挨拶を嫌がられるような関係で形の悪い野菜を配れば、更に嫌がられるのは当然なのでは?

>>652さんは都会の人が冷たかったと思ってるみたいだけど、郷に入っては郷に従えって言葉があるように
新しい土地ではある程度、周りに合わせる必要があると思うんだ。
あんまり都会を嫌わないでね。
(と田舎者が言ってみる)




655名無しさん@おーぷん2018/09/24(月)01:03:55ID:6xI
>>654
友達に「一言多い」とか言われない?




656名無しさん@おーぷん2018/09/24(月)03:03:45ID:EdC
>>654
元気の意味を多分履き違えられてると思います
俺の入っていた社宅は家族向けのところでしたから、子供もいるわです
嫁が帰宅途中、同じく社宅に向かうベビーカーを押して買い物袋を提げている奥様に「袋持ちましょうか?」と声をかけると、奥様はびっくりされるそうです
何?なんでいきなり親切にしてくるの?何か見返りでも求めてるの?気持ち悪い、と思われたり
そもそも自分のテリトリーのものに触れようとしとくる人を敵認定する人もいたり
これは距離感を図りそこねていた引っ越してすぐの出来事でしたが、親しくない人から助けをの手を差し伸べられることに危機感を覚える人が多くて驚きました
あとは小学生の子たちが暇してたので、妻が見つけたヤモリやカマキリを見せて遊んだりしていたのですが、奥様には気持ち悪かったそうで
「二度と子供に変なもの近づけないで!寄生虫が子供についたら責任とれるの?」と言われてしまったり
蜘蛛などの益虫がいて、それを「虫平気なんでしょ!殺してよ!」とお願いされて、可哀想そうで素手で掴んで逃したら気味悪がられたり
まあ、そういうところですね

見た目に難ありの野菜は、野菜を育たことが有る人からすると普通のことのんですけど、二股の大根とか
東京の人に限らず、スーパーに並んだ農薬をつかって綺麗に形の整った野菜しか見たことがない人には、気持ち悪く写ってしまったみたいですね
少し瘤のようなものができた芋や曲がったナスを見て、「病気の野菜」と言われたときは驚きました

もちろん周りの皆が皆こんなこうではありませんよ
ただこんな方が社宅に少なくなくて、嫁はとても気を使って窮屈に過ごしてました
わざわざ休日に摂りに行った土筆やゼンマイやワラビを干していると、雑草を食べてるとヒソヒソされ、
親切のつもりで声をかけたら「なんの見返りを求めているの?」なんて、生まれて初めて言われたわけですからね
郷に従おうとした結果、我々には無理だと判断したので住む場所を変えたんです
夜、無数の虫の声が聞こえるというだけで、こんなに安心感が違うとは思いませんでした




657名無しさん@おーぷん2018/09/24(月)03:57:08ID:TTD
それ、東京がというより、その社宅の人たちがおかしいよ
逆に田舎者って感じ




658名無しさん@おーぷん2018/09/24(月)04:23:03ID:YpR
うん…
運悪く田舎者かつ民度の低いエリアに当たった感じがする
都会でも田舎でもなんというか、悪い意味で「田舎者」っているよね

ちなみに自分は田舎出身東京育ちなんだけど東京で生まれ育ってる息子が虫が大の苦手
ある時マンションのエントランスに死にかけのセミがいて動けないのを
知り合いの奥様(上品で美人)に払ってもらって助けてもらった
本人はその場でお礼は言ったものの情けなさ過ぎて凹んでいた

息子には「後で助けてもらった礼をきちんと言え」と言って
私も会ったときに奥様に出かけしなに息子が迷惑かけた事を謝ったのだけど
笑顔で人には誰でも苦手なものがあるのだから別にいい
重い荷物持ってたときに息子さんに手伝ってもらった、助かりましたと言われて
惚れそうになったわ…
ちなみに息子はそういう時恥ずかしいんで親には言わないでくださいと言うらしいが
律儀な奥様はこっそりお菓子付きでお礼を言ってくれる
お菓子は友達からもらったと言って息子にあげてる




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2019/11/16 14:01:00 ID:lifewars