362名無しさん@HOME2017/04/11(火)02:05:19.990.netID:???
心の整理のために書く。もう15年位前の修羅場。

俺:当時32歳、某資格取立て
父:某資格による個人事務所経営
社長:父の取引先
社長娘:当時31歳、病院勤務。検査技師。

俺は当時、親父の事務所で働きながら勉強をして念願かなって資格をとったばかりで浮かれていた。
そのせいもあり、好事魔多しで家庭内は今までのバランスが崩れ、ギクシャクしてしまった。
具体的には、資格が取れない兄がイラつき、俺とけんかになり、親父が兄の肩を持ったために家庭内は決定的に不和になった。
そんなある日、親父は俺を呼び出すと、いきなりこう告げた。

父「社長と○○日の土曜日に飲みにいくんだが、お前を後継者として紹介をする。その日空けておけ。」
俺「無理です。その日は用事があります。」
父「キャンセルしろ。」
俺「無理です。どうしてもと言うなら日にちを変えてください。」

親父は黙っていたので、俺はそのまま退出した。第一、その社長は兄の担当だ。勝手に会うことはご法度だ。
次の日、親父は日曜日に変えた旨を伝えてきた。それで兄に話してあるか確認したが明確な返事がなかった。
仕方ないので、兄にその旨伝えてから会うことにした。気は進まなかったが、これが修羅場の始まりだった。

当日。約束の場所に10分前に行くと、親父とお袋、社長と奥さん、そして若い女性がいた。
俺は、社長夫妻に挨拶すると、席につき、会食が始まった。

社長「では、本日、お見合いを始めたいと・・・」
正確な言葉は覚えていない。聞いていなかったかもしれない。覚えているのは俺と社長の娘がほぼ同時にカエルが踏みつけられたような声を出したことだ。
呆然とする俺と娘。勝手に盛り上がる親たち。その日は値段だけは高そうな、味のしない食事をして帰った。




363名無しさん@HOME2017/04/11(火)02:25:23.250.netID:???
それから一週間がたった。あれは悪い冗談だったか、まあ相手から断られたかしたんだろうと自分を納得させていた。するとまた親父に呼び出された。
父「この間の話だが、どうだ?」
俺「どうとは?」
父「相手の娘さんだ。付き合う気はあるか?」
俺「断られたんでしょう?一週間音沙汰なしなんだから。」
父「まだ、双方返事はしていない。どう思うんだ。」
俺はめんどくさくなっていった。今思えば失言だった。
「勝手にしたらいいんじゃないですか!失礼します!」
まあ、双方釣り書きなし、会話なしなのだからもう終わっていると考えてしまったのだ。
次の日、親父はどや顔で携帯電話の番号をもってきた。相手には俺の番号を伝えたとのこと。
俺は、メモをもらうと2回くらいかけたがつながらなかったので放置した。
それから一ヶ月たった。

父「どうだ?」
俺「何がですか?」
父「お見合いだ。」
俺「つながりません。連絡ありません。断ってください。」
父「だめだ。デートもしてないだろ。デート位してから決めろ。」
俺「つながらないから無理です。断ってください。」
父「だめだ。」

その晩、娘から暗い声で、電話がかかってきた。後ろか何やら声が聞こえる。たぶん社長夫婦だろう。
来週の土曜日デートしようとのことだ。仕方がない。俺はアリバイつくりのために承諾した。これで終わりになるならと思いながら・・・。

デートは書くことはない。会話もほとんどなかった。これで終わりと思えば無理に笑顔を作って2時間くらいうろついて終わった。
次の日、親父からいろいろ言われたが、断るから自宅の連絡先を教えてくれと何度もいい続けた。親父は根負けして
「お見合いは家同士の問題だから俺から断る。それでいいか。」
「お願いします。」
それで終わるはずだった。俺はほっとしてこの件を頭からデリートした。娘の携帯番号も親父の目の前でデリートした。




366名無しさん@HOME2017/04/11(火)02:35:37.710.netID:???
それから半年たった。突然俺の携帯がなった。
俺「はい。(俺)です。」
社長「(俺)君、社長だが、君はどういうつもりかね?」
俺「どういうつもりとは?」
社長「お見合いの件だ。どう思っているのかね。」
俺「あの、父から断りがいっていると思いますが。」
社長「うそをつくな!お父さんはさっき聞いたらお願いしますといっていたぞ。」
その後のことはよく覚えていない。何だか、無理やり継続させられることになったらしい。
しかも、娘の携帯に一日一回電話をかけることまで命令された。次の日、俺は親父と大喧嘩した。
親父は、最初しらばっくれていたが、結局、断りの電話を入れたとうそをついたことを白状した。
父「だからむこうが乗り気なんだ。電話しろ。」
俺「じゃあ、何で半年も連絡がないんですか。」
父「忙しいからといっていた。」
俺「半年間、24時間電話もかけられないくらい忙しいんですか。大変ですね。そんな人と結婚生活なんて無理でしょう断ってください。」
父「だめだ。携帯の連絡しろ。」
俺「携帯の番号はあなたの前で、デリートしました。断ってください」
親父は次の日にどや顔で携帯番号を持ってきた。俺はだんだん正常な思考がなくなりつつあった。




367名無しさん@HOME2017/04/11(火)02:36:08.540.netID:???
それから、毎日つながらない電話を一月かけた。そして親父に言った。
俺「一ヶ月一度もつながりません。断ってください。」
父「わかった。」
俺「以前、そういってかけてなくてこの事態になりましたよね。今ここでかけてください。」
押し問答の末、親父は電話を社長にかけた。だが、目の前で親父はとんでもないことを言った。
父「ええ、うちの子は乗り気です。なんなら、一度あって話をされては・・・。」
意味がわからない・・・・。なぜか、社長と俺は呑みに行くことになってしまった。

飲み会で話すことは何もない。娘がいないところで、俺は断りの言葉を言い続け、社長は結婚しろしか言わなかった。
結局、何も解決しなかった。相手と連絡もつかない。八方塞だった。

それから一ヶ月がたった。俺は作戦を立てた。親父を通して社長に言って娘と二人きりで会えるよう協力を求めた。
娘から、次の日連絡があった。
娘「土曜日の2時に××駅に来てください。では。」
切り口上で言うと、彼女は電話を切った。まあ、これで決着がつく。俺はやっとほっとした。




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2019/09/05 11:02:00 ID:lifewars