803おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2017/02/18(土)14:23:57.17ID:2tGhg+nG.net
話が10年以上遡るけれど。長いし、しょうもない話。

私は中高一貫の女子校に高校から入学した、いわゆる高入生だった。
高入生は私を含め数人しかおらず、お嬢様学校だったこともあって、小中ともに公立だった自分が馴染めるかずっと不安だった。

そんな私に最初に声をかけてくれたのが同じクラスになったA子だった。
A子はとてもしっかりした子で、こちらが申し訳なくなるくらい、あれやこれやと何かと世話を焼いてくれた。
「私たち親友だからね!」と言ってくれてうれしかった。

女子校は陰湿なんじゃないかと想像していたけど、すぐに私は他のクラスメート達とも打ち解けることができた。
そして、数ヶ月も経つと何となくA子が皆から好かれていないということが感じ取れるようになった。
皆あからさまにA子を避けたり、陰口を叩いたりはしないけど、
A子が輪の中に入ってくると、ややテンションが下がる、そんな感じ。
友人にA子が何かしたのかと聞くと
「まあ、中学の時に色々とね。何というか、卑怯というか小心者というか」




805おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2017/02/18(土)14:28:14.43ID:2tGhg+nG.net
実際、A子は慎重で真面目すぎる所があった。教師や先輩達からどう見られるかをいつも気にしていて、媚びるような言動も多かった。
それでも私はA子によくしてもらっていたし、中高一貫校だと中学校の頃の出来事をずっと引きずられてしまうのか…位にしか思わなかった。

しかし、友人の言葉の意味を思い知る時が来た。
2年生に進級して、またA子と同じクラスになった。
そして文化祭の数週間前のある日のこと、私はクラスでの文化祭の準備を抜けて、委員会の活動をしていた。
その後、A子と合流して下校したのだけれど、A子の様子がおかしい。
テンションも低く、やたらキョロキョロと周囲を気にしていた。
それから、「言いづらいんだけど…」と口を開いた。

・クラスの文化祭の話し合い中に、とある問題が発覚した(備品の手配が上手くできていなかったとかそんな感じの)
・そして、もしかしたら私が原因なのではないかという話になった
・それについて、発言力があるギャル系の子(以下ギャル子)が激怒
・ギャル子が「○○(私の事)マジむかつく!明日からあいつのことみんなで無視しよう!」と言いだした

と私がいない間、上記の事がクラスで起きたとA子が告げた。そういうわけなので、明日からクラス中から無視されると思う…と。
聞いた私はびっくり。全くの誤解だし。
「教えてくれてありがとう。でもどうしよう、どうやってギャル子の誤解を解いたらいいかな」と相談しようとしたら

「私もギャル子達に合わせて明日からあなたの事を無視するけど、私はあなたの味方だからね!
とにかく明日から話しかけてこないでね!あ、でも様子見て電話とかメールとかしようね!学校では話しかけてこないでね!
私あなたの味方だし、応援してるから!じゃあ、またね!」
とまくしたて、A子は走り去っていった。突然のことに私は茫然と取り残された。




806おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2017/02/18(土)14:32:28.54ID:2tGhg+nG.net
明日からどうしよう、もしかしたら激しいいじめに発展して、ライフみたいな学園生活を送る羽目になるのか…と色々考えながら家に帰った。
何よりもA子の発言がショックで夕食がのどに通らなかったのを覚えている。

その後自室に籠り、悩んで悩んだ結果、同じクラスの仲の良い友人に電話した。
A子みたいにこの子からも拒絶されるのではないかと、心臓をバクバクさせながら友人が出るのを待った。
友人はいつも通り、自然な感じで電話に出てくれた。
べそをかきながら、A子に言われたことを友人に伝え、どうしたらいいか尋ねた。すると、友人は笑って以下の事を教えてくれた。

・A子の言ったことは確かに事実である。
・しかし、クラスの皆に無視されるなんてことは起こらない。
・高入生で初めてギャル子と同じクラスになったからだろうけど、ギャル子のことを誤解しているよ。
ギャル子は口が悪くて、激昂しやすい性格で何かあるとすぐに「ボコろう」「〆よう」等言うけど、
非常にあっさりした性格で、それらを実行に移したことは一度もない。多分もう私に怒ってたことなんて忘れている。
・もし仮にギャル子がまだ私に怒っていたとしても、クラスメートが同調して無視したりいじめたりなんてしないよ。
そんなに幼稚じゃない。
・A子が小心者でビビりなだけ。

それを聞いて、不安な気持ちが完全に消えたわけではないけど、その晩はなんとか眠ることができた。

翌朝、ドキドキしながら教室に向かい挨拶をすると、皆いつも通り挨拶してくれた。無視されることもひそひそされることも無かった。
勇気を出してギャル子に昨日のことを聞くと「あ、誤解してたわー、ごめーん」と言われた。それだけ。
何も起きなかった。




807おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2017/02/18(土)14:35:32.38ID:2tGhg+nG.net
しかし、A子だけは違った。私が近づくと逃げ、しかし遠目からチラチラ見てくる。メールを送っても返信は無し。
一週間位経って、ようやくA子は私の元に来た。何事もなくって良かったねー、心配してたんだよ?と言いながら。
「ギャル子が皆を扇動して無視させたりするような性格じゃないって、中学から一緒のA子は分かってたんじゃないの?」と聞くと
「確かに今までそんなこと無かったけど、今回はどうだか分からなくって。でも大丈夫だったね!今日からまた一緒に帰ろう!」
「…もし、ギャル子達から無視されてたら、A子も私を無視してたんだよね?」
「え、私は何があってもあなたの味方だよ!無視なんてしないよ、今回も見守ってたよ!?…もしかして怒ってる?
誤解させたようならごめんね!」
そんな風に媚びた笑顔で言ってくるA子を見て、ああ、確かにこれは小心者で卑怯者だなと思った。

それ以降も親友面をしてくるA子に対して、私は他の皆と同様に、あからさまに避けたり陰口を言ったりはしないけど、
少しずつ距離を置くようになった。A子は寂しそうだったけれど、もう以前のように親友とは思えなかった。
実際その後も何かと保身に走る姿を見たし。

高校卒業後も定期的にメールが来て、元気?今度遊ぼうよ!みたいな事を言われ続けたが、当たり障りなく返信するだけで、
同窓会以外個人的に会ったことは無い。うっとうしいと思う一方で、入学直後良くしてもらったのは事実なので、
COするのはさすがに悪い気がして、なんとなくFOを目指していた。




続きは次のページで