559名無しさん@HOME2012/02/03(金)23:58:52.79OID:???
先週でしたっけ。生活板かどっかで「残業を率先して引き受けてたら上司に目をかけられ先輩に目を付けられた」と愚痴った者です。
その後揉めたので、こちらに吐き出し。テンプレ+自虐ネタ+ヲタネタ(?)ありなので、苦手な方は読み飛ばして下さい。
ヒートアップして長文になったため、書いた分だけ一旦投下。フェイクは入れます。

○子→私。26歳。私子って柄じゃないので何となく。入社3ヶ月の新人。基本面倒くさがり。口下手。怒ると疲れる。
先輩→23歳。入社2年半のベテラン(?)。5歳と3歳の息子持ちのシングルマザー。金髪。気が強い。
Aさん→上司。37歳にはとても見えないイケメン。有能。既婚。かなりの愛妻家。

今居る会社はリーマンショックの際に派遣を全員クビにしたそうなんですが、
私が居る部署は半永久的に必要なものではないため、派遣社員を主体として構成されています。
私の他に派遣社員は10名。全員女性で、年齢は19~23歳と若い人たちばかり。
私一人、少し年齢が離れてるし、みんなみたいにギャル系でもないし。
みんなは休憩時間に喫煙所でたむろしてるけれど、私はタバコ吸わないから、一人で作業室でのんびりくつろいでた。
だから、最初から浮いている自覚はあったけど、特に気にはしていなかった。

入社した日の夕方、先輩が唐突に「今日残業したいヒト~っ!?」と声を張り上げた。
そのシステム自体にも目が点になったが、みんなそれぞれ「都合が~」なんて言ってる。
詳しく聞くと、まず「円満なお話し合い」で押し付け合い、決まらなければじゃんけん。
それでも決まらなければ上司の鶴の一声で順番に指名。
最初は持ち回りの当番制だったが、人が増えたり減ったりでグダグダになったそうだ。
残業は、初心者でも出来る雑用メインということなので、申し出てみることにした。
私は他の人みたいに家庭や恋人もない気楽な独身喪女だし、押し付け合うのも面倒くさい。
新人という立場で立場が弱いし、何より、新人だから早く仕事を覚えたいというのもある。
(恩に感じるかはともかく)恩を売っておいて人間関係を円滑に、という下心も勿論あって、早速引き受けることにした。
一週間もすれば「残業したいヒト~」とアンケートを取ることも無くなり、残業=私がするもの、という空気になった。




560名無しさん@HOME2012/02/03(金)23:59:51.58OID:???
ところが、今年に入った頃から、先輩の様子が変わった。
気が付けば私を睨んでいる。通りすがりにぽそっと「死ねばいいのに」
(但し私が「?」と思って振り向くと慌てて目を逸らす。気が弱すぎるよ先輩…)
他にも私が誰かと会話してたら、私の言葉だけを口真似して笑う。
(「~~だと思います」『~~だと思いますぅープークスクス』、そして先輩の取り巻きが追従して笑う)
同時期からロッカーに変なガラクタ?ゴミ?が入れられ始めた。
(プーさんの歯磨きプラコップとか、使いかけのリップとか)
正直、いじめにしては手緩いし、何がしたいのかよく解らなかったが、
聞こえてくる会話の端々から、どうやら私が上司に気に入られたのがムカついたらしかった。
確かに昨年末、「妻が最近ガーデニングに凝ってて。良かったら遊びに来てみない?」なんて誘われて、超絶可愛い奥さんを紹介されました。
その時に舌の上でとろける和牛のしゃぶしゃぶをご馳走になりました。
あんまり美味しかったので里帰りの際にお土産をちょっと奮発したら、以前より良くしていただいて申し訳ないくらいです。
良くしていただくといっても、これといった特別扱いはありません。
ただ、少し重要な仕事なんかは優先的に指名されるようになったくらいで。

先輩の理由を知った時の私の感想としては、「エエーナンダソリャ…('A`)」でした。
残業の時に上司が残ってんのは周知の事実じゃん。アナタ「残業してくれるヤツがいてラッキー☆」なんて言ってたじゃん…
そしたら先輩から「そんなに残業ばっかして、お金に困ってるの?(プークスクス)」って…orz
仕事している以上お金は稼ぎたいけど、そんな言い方されると自分がみみっちくて賎しい気がして軽く凹んだ。




561名無しさん@HOME2012/02/04(土)00:01:22.77OID:???
そんな折、残業してたら上司が「その作業、そんなやり方してたら効率悪いよ」と指導してくれた。
「誰に教わったの?」とか聞かれたけど、先輩って答えるべきか悩んでたらうやむやになった。
先輩と答えると告げ口みたいな気がするし(保身)、かといって、自分の口から先輩に指導するのもちょっと…(保身)
そもそも先輩は私のことを「新人」と位置づけてるから仕事のことで口挟むと「新人のくせに生意気!」ってヒス起こすし。
運良く先輩の作業中に上司が通りかかって指導してくれるように祈ろう、と思ってた。甘かった。

たまたま上司が席を外している時に、先輩が私の作業を見て「あ゛ーっ!?」って声を上げて詰め寄ってきた。
「何勝手にやり方変えてんの!?アタシが教えたのと違うでしょ!?」
素直に「上司から教わった」と言うべきか、迷った。
上司に飛び火したら嫌だな、とか、でも先輩は上司に好意を持ってるみたいだからヒスは起こさないんじゃないかな、とか考えてた。
ていうか、作業のやり方を教わるほど親密なの!?とか思われても面倒くさい(保身)。
そんなことを一通り考えてから、「でもやっぱり正直に言った方がいいかな」と思い、
「いや、これは…」
「謝罪より先に言い訳pgr!!!頭おかしい!!」
…口を挟む隙も無かった。
しかし先輩、「誰かから教わった」とは微塵も思わないのか、「私が独断でやり方を変えた。先輩たる自分への侮辱」と思っているご様子。
仕方がないので黙ってしおらしくお説教を受けながら、内心早く終わらないかなと思っていた、ら…
「どうかしたの?」
上司登場ktkr。ヤバい、話がこじれるんじゃないかと焦る私。
先輩はというと、上司の前で私に恥をかかそうという満面の笑み。いや待て。自重汁。




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2018/12/06 22:01:00 ID:lifewars