316名無しさん@おーぷん2018/09/16(日)16:28:01ID:jSc
書き出したら長くなってしまいました。
薬局でバイトしてるとき、いつも触ってくる常連のお客さんがいた。
詳細な年齢はわからないけれど、22歳の私より5歳~10歳くらい年上。
お釣りを渡す時、私の手を掴んで「お釣りを落とさないように、こうやって相手の手を掴んで、相手の手を包むように渡すんだぞ○○ちゃん」と言われたり、
髪型を指して「一つじゃなくて、こう、このへんで2つに結ぶといいぞ○○ちゃん」と頭を撫でて触ってきたり、
「痩せすぎだからもっと肉つけないと難産になるぞ○○ちゃん」と腰やお尻を触ってきたり、
本当に気持ち悪くて辛かったけれど、バイトと客という立場からどうにもならなかった。




317名無しさん@おーぷん2018/09/16(日)16:28:36ID:jSc
それを大学で相談していたんだけれど、スレタイの意見を言う人がいてとても驚かされた。
1人の男からは、心底不思議そうに、「男に言い寄られるって嬉しいことではないの?ステータスだよね?」と言われた。
私は心を開いていない相手からベタベタ触られたりすると、とても気持ち悪く感じる。それは男女関係ない。と話したけれど、
「モテるのはステータスだよ?拒む理由がわからない。」と宇宙人と話しているようだった。
周りが「ストーカーに好かれたからといって喜ぶ人なんていないでしょう?」と説明したけれど、
男は反論ばかりされてムッとした表情で、「その人はストーカーじゃないよね。今回の件とは話が違うのに引き合いに出すのは頭が悪い。男はみんな犯罪者扱いか」と怒り出した。
私もそのときには少し腹が立ってしまって、「もういいよ。彼は誰に言い寄られてもイヤじゃないんでしょ。女なら誰でもいい、そういう人にはわからないと思うよ」と言ってしまった。
それには相手も腹を立て、「男を選り好みできる立場だっていうのか!ブスばっかりのくせに!」と怒り出した。
こちらも周りの子含め、何この非常識な男!と気分が悪く、そのままお互いに口を利かなかった。




318名無しさん@おーぷん2018/09/16(日)16:29:24ID:jSc
もうこの時点で神経わからん!の最高潮だったけど、さらに男は後日、同じ思考の仲間を呼び出した。
その頃には友達の助言をもらって、薬局で客のセクハラを理由に今すぐ辞めたいと強気で伝えており、すでに対策済みだった。
なのでもう終わった話なのに、男二人はその話を引っ張ってきて、よくわからないアドバイスをし始めた。
私が右から左に「はいはい」「もういいよ」と流していたら、「言い寄られる男を選り好みとかクソだな。どんだけいいご身分なんだ」と機嫌を損ねた。
私の周りがそれを聞いて、「同類だからセクハラ男のことを庇うんでしょ」と鼻で笑ったら、
二人は「そういう男に言い寄られるのはそいつと同レベルの女だからだ」「類は友を呼ぶ」と口を揃えて言い始めた。
それは自己紹介では?と思ったものの、これ以上刺激しても意味がないと思ったので、「そうですね、その通りだと思いますから、ご崇高なあなた方は私に関わらないほうがいいと思います」と伝えた。
しかしそれも気に食わなかったようで、私のことを男を誑かす悪女のように言い始め、私の姿が見えると、私に聞こえるように私の悪口を言い続けてた。




319名無しさん@おーぷん2018/09/16(日)16:30:19ID:jSc
この時点で最初の出来事から3ヶ月近くたっており、私も学んで全く反応しないよう心がけていたんだけれど、二人はネットでも書けないような、かなり卑猥で屈辱的なことまで私に聞こえるように言い始めた。
だけど私の方は、そこまでしつこいとむしろ達観してしまって、自分でも驚くくらい、本当に何も気にならなくなってしまった。
そのために、ゼミの連絡など話す必要があったときも、他の人と変わらず普通に接して話していた。
相手は私のあまりにも変わらなさ具合にかなり戸惑っていたけど、それも私は気づかないフリをしてやり過ごした。
ある日、男が鼻血を吹いてしまい、側にいた私がティッシュを取り出し介抱した。
右手で鼻頭を抑えさせ、左手で垂れた鼻血をうけていたので、左手の血をウエットティッシュで拭き取り、
パーカーに鼻血がついていたので、固まる前に脱がせてすぐにトイレで洗い、シミになるまえに綺麗に洗い流した。
猛暑だし直ぐに乾くだろうと、誰もいないテラスの椅子にパーカーを引っ掛け、私はガラス越しの室内に引っ込んで、それをボーッと見ていた。




320名無しさん@おーぷん2018/09/16(日)16:31:02ID:jSc
そこへ鼻にティッシュを詰めた男がやってきて、「何でなんだ」と言い出す。
何がと聞けば、「どうして俺の言うことに反応しないのか」と聞いてくる。
私は「あまりにも事実無根すぎて、私のことだなんて誰も思ってないし、私も自分の悪口を言われてる気にならなかった。あなただって私が性を売り歩いてるなんて思ってないんでしょう」と適当に答えていた。
本当のところは、男の存在がゲームで言うところの名無しの村人に成り下がっただけで、さほど重要でもない、どの街にでもいるNPCの発言に多くのプレイヤーが意識を向けないように、
私も単にその男のことが心底どうでもよかっただけなんだけど、怒りそうな予感がしたので、適当に思いついた言い訳をしていた。
それが男の何に響いたのかわからないが、男はテーブルに乗せていた私の手を掴み、「君とはいい友達になれると思う。仲良くしよう」と鼻にティッシュを詰めた顔で、真顔で言われた。
背筋がゾゾっとした。




321名無しさん@おーぷん2018/09/16(日)16:31:46ID:jSc
そしてその日からコロッと男の態度は変わった。私を見つけては笑顔で親しげに話しかけてくるし、ボディタッチも多い。気持ち悪くて仕方なかった。
やっぱりこいつは薬局のあの男と同類だから庇ったんだと確信した。
それからは大学内でその男から逃げ回る毎日。
幸い私はSNSはやらないし、スマホも1G契約だったので、制限を言い訳にネットでの連絡手段は断ったので、大学内で逃げるだけで済んだ。
学部も違ったので、冬には会う回数も減って、逃げ回る必要もなくなった。
相手が卒業してからは、完全に連絡を断った。
地震や台風等、何がある度「大丈夫ですか?」のメールが来るけど、それも無視してる。

数カ月に渡り、人を精神的に痛めつけるようなことを言い続けておきながら、コロッと「仲良くなろう」と言ってくる神経も解らなかったし、
ある日を堺に急に犬みたいになついて、追いかけ回して、尻尾を振ってくるのも理解ができなかったし、
こちらからの連絡を断ったのに、卒業してからも月1くらいで一方通行の連絡してくるのも理解ができない。
こういう人って、本当にどんな思考をしてるんだろう。
このまま無視しつづけて、刺激せずに相手が飽きることを待ってるんだけど、いつ飽きるんだろう。




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2018/11/09 05:02:00 ID:lifewars