food_katsudon-1


812 :名無しさん@HOME2018/01/10(水) 11:35:01.03 ID:mIudm9Tw0
今日は朝から冷えると思ったら雪降ってたよ


めったに降らない地域なのに
雪が降ると思い出すから書く

嫁との出会いは俺が大学二年の頃の年末
粉雪が降る夜だった
バイトの帰り道、ふらふら歩く嫁を発見
夜中に、しかも粉雪とはいえ雪が降ってる中傘もささずに、しかもコートとかもなんもなし
最初情けないけど幽霊かと思って本気でビビったし、できる限り見ないようにスルーして通りすぎようとした
けどよくよく見たら顔中あざだらけで、しかも口も切れてる
ちゃんと足があること確認したうえで、心配になって声をかけた
不審な出で立ちじゃなきゃお近づきになりたいと思うくらい可愛かったっていう下心があったのは否定しない
嫁は立ち止まりはしたけど、こっちを見つめるだけで返事しないし、今だから言うけど声をかけたことちょっと後悔した
とりあえず怪我してるんだし救急車呼ぶなり警察なりって言ったとこで嫁過剰反応してそれだけはって懇願してきたんだよ
それでなんともないのでってどっか行こうとする嫁に、カツ丼作れますか?って聞いたのがきっかけ
その次の日大事な試験で、ゲン担ぎにはカツ丼だろって思うけど作れないから作ってって頼んだ
24時間スーパーはあっても外食するようなとこは車で行かなきゃいけないような田舎だったから、我ながら上手い言い訳だったと思う
とにかくそのまま一人にしたら死ぬんじゃないかって思って、でも次の日ニュースになんかなったら後味悪過ぎるって必死だった
それ以来うちは記念日にはカツ丼が出てくる
嫁のカツ丼を食べ続けて10数年になるが安定の美味さ
歳とってもきちんと食べきれるように健康でいたいと思うっていう年末年始の思い出話

813:名無しさん@HOME2018/01/10(水) 11:43:41.97 ID:Taod8I3xM
>>812
肝心なところがいくつも抜けてますぜおやっさん

814:名無しさん@HOME2018/01/10(水) 12:54:30.32 ID:8/RizuHyF
>>812
Kwsk

815:名無しさん@HOME2018/01/10(水) 13:26:37.00 ID:dZD2r1WT0
手の込んだ誘い受けだな

832:名無しさん@HOME2018/01/10(水) 17:47:01.23 ID:mIudm9Tw0
カツ丼だが割とわかりやすく詳しく書いたつもりだったがさらにkwskって言うなら書いてく
ただ書き留めてないからのんびりになるのは許してな

突然カツ丼作れって言われた嫁は超固まってた
こいつ何言ってんだ?ってすごく顔に出てたし、それは当たり前の反応だとも思った
でも帰るところあるなら即答で拒否だろうし、そもそも雪の中ふらふらしてたりしないだろうしって必死で説得した
やらしいことしないから!ってそういうつもりじゃないからって道端で見ず知らずの女の子に声かけるとか、完全ナンパ
最終的には困ってる嫁を強引にいいじゃん行こうって家に連れ帰った
家についてからはとりあえずシャワー貸して、嫁がシャワー使ってる間に買い物へ
携帯でカツ丼の材料調べながら買い物して、嫁が料理できなかった時の保険にレトルト品も一緒に買った
最悪帰ったらいないかもなぁなんて思いながら帰宅したら、嫁は部屋の隅でちょこんって感じで正座してた
隅って言っても5畳の1Rでほぼ同じ大学の連中しか住んでない安い学生アパートだったから、そこしか座るとこなかったって言う方が正しいかもしれない
俺の貸したジャージはだぼだぼで、ズボンは裾を織り込んで袖も結構な量捲くってた
元々顔は可愛い系の嫁がそんな格好してるのは相当やばかったが、たぶん事情持ちで現在進行形で傷心の嫁に悪いことなんか出来ず、そのままカツ丼作ってもらった
狭いキッチンで四苦八苦しながらカツ丼作る嫁は超可愛かった
嫁のカツ丼を美味しく頂きながら、嫁を質問攻め
名前は?歳は?家この辺なの?顔の傷大丈夫?って
マジでナンパ師と変わらないと今思い出しても思う

長くなったのでとりあえずここまで

834:名無しさん@HOME2018/01/10(水) 18:02:30.81 ID:mIudm9Tw0
教えてくれたのは名前と嫁は俺と同じ歳ってだけだった
けどどこ行く予定だったのって質問には困ったような顔してたから、宛はないんだろうって想像はついた
だからとりあえず夜も遅いし泊まっていけばって誘った
嫁はそれこそ頑なに断ろうとしてきたけど、終電もなくなりそうな時間に、しかも雪降ってるのに女の子を外に出せないって言ったら諦めてくれた
俺はその日同じサークルでひとつ下の階に住んでる奴のところに押しかけて嫁はうちで寝た
エロ漫画的展開なんかは一切なく、最悪嫁が悪いやつで帰ったら家財道具一切がなくなってたとしても、困るのはPCくらいだななんて想定しながらその日は終わった
次の日普通にバイト行って帰ったら、嫁がいてある意味驚いた
とっくにいなくなってると思ってたから
初日と同じように隅に正座して、でもロフトベッドの下で山になっていた洋服類はきちんと畳まれて、軽く掃除機もかけてあったみたいだった
ほんの少しだけ広く綺麗になった部屋で、嫁はテレビ眺めながら座ってた
俺が帰宅すると慌ててテレビ消して、昨日はありがとうございました、お礼も言わず出て行くほうが失礼かと思って待ってましたって言うんだよ
すげーいい子な雰囲気と体中の怪我が気になって、家に帰るの?なんで怪我してたの?DV彼氏とかに困ってるなら運動部のやつら数人連れてこようかって言った
俺自身運動系で推薦入学した関係で、そっちの知り合いは多かった
アメフトとかラグビーとかやってる奴ら数人集めれば多少の揉め事どうにかなるだろうとも思った
そしたら嫁困ったように、実家で少し親子喧嘩をしただけなのでって言うんだよ
親子喧嘩で顔にアザ作るか?ってその時点で少し腹立って、しかも勢い余って飛び出した実家は軽く新幹線の距離だと言う
ひたすら鈍行を乗り継いで、持ってるお金で来られるところまで来たらしい
あと数日どうにかなるお金はあるから、顔の傷が治ったらスナックやキャバにでもいく予定らしい
嫁の所持品はほんの少しの化粧品と、ほんの少しのお金だけだった
続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2018/09/16 17:01:43 ID:lifewars